おすすめの本

【読書好きこそ読むべき本】「読書は「アウトプット」が99%」を紹介します。【書評】

更新日:

どうも、外資系社畜ITサラリーマンのいくおくです。(@consult_career1)

今日は仕事が朝4時に終わり、オフィスを出るともはや少し日光を拝むことができました。

現在異次元の眠さを抱えていますが、更新終えたら寝ます。

というわけで今回紹介する本は【読書は「アウトプット」が99%】です。

読書は「アウトプット」が99%: その1冊にもっと「付加価値」をつける読み方 (知的生きかた文庫)

新品価格
¥617から
(2019/6/1 06:29時点)

「読書が好きだけど、知識が定着しない・・・」

「昔読んだ本の内容が思い出せない・・・」

「これからたくさん本を読もうと思っている!」

こんな方には是非オススメの一冊です!

読めば、読書に対する考え方が一変します。

いま私がこうして本の紹介を書いているのも、この本の影響がめちゃくちゃでかいです。笑

また、今後本を紹介する際は

  • 著者の紹介
  • 本の概要の紹介
  • おススメの一句解説
  • 感想

という構成にしていきますのでよろしくお願いします。

こんな情報知りたいとかありましたら教えてくださいね!

それでは紹介していきます。

著者の藤井孝一ってどんな人?

自立した人材の育成と支援をミッションとされており、起業支援をメインとしたコンサルをやられている方です。

経営コンサルタント(中小企業診断士)であるともに、株式会社アンテレクトの取締役会長も務められています。

そして、「副業」と呼ばれがちな「在職中から起業する」スタイルを「週末起業」と名付け、その普及に東奔西走されています。

独立・起業を目指すビジネスパーソンをお手本のような存在の方ですね。

週末起業 (ちくま新書) [ 藤井孝一 ]

価格:756円
(2019/6/1 06:51時点)
感想(3件)

読書は「アウトプット」が99%ってどんな本?

ただ本を読んで終わりにするのはもったない、読書のアウトプットの必要性とその実践方法がわかる一冊です。

ひたすら読書のアウトプットの重要性を投げかけられます笑

著者の藤井さん自身も、年1000冊以上のビジネス書に目を通し、300冊以上の書籍を読破されており、その経験を元にして読書法が説明されています。

これまで自分がやってきた読書法がいかに非効率であったかを知ることが出来るとともに、この本を読んだ瞬間からなんらかの形でアウトプットを実践してみようという気持ちになれます。

印象的な一句(章ごとに紹介)

ここからは章ごとに印象的だった一句を紹介していきます。

目次はこちらです。

●1章 もっと「本の話」を誰かとしよう
●2章 「速読」よりも「乱読」せよ!
●3章 読書を最高の「自己投資」にする技術
●4章 「お金を稼ぐ人」は、本をこう読む!
●5章 私は、こんな本を読んできた

〜はじめに〜【本はインプットだけでなくアウトプットすることで、血となり肉となる】

読後のアウトプットとは「話す 」 「書く 」 「行動する 」の3つ。

経営者である著者が本の学びをビジネスに生かすことができたのは、上記のアウトプットを通じて自分の思考や行動を磨いてきたからである。

〜1章〜【人に伝えることで 、知識が知恵に変わる】

人に伝えるには端的に要点を伝える要約力が必要。
要約力をつけるためには、本を読みながら「この項目は何を言いたいのか」「この章は何を言いたいのか」と要点を集約する癖をつける。
そしてこの力はビジネススキルとしても生きてくる。

〜2章〜【読書をする習慣がない人を見下す気持ちが芽生えているのは 、読書が悪い方向に作用している証拠】

多読をする人の中には多読自体をステイタスのように感じてしまう人もいる。
読書は人格を作り出す。
本を読むことで逆に人格が歪んでしまうのは"本に読まれている"状態である。

〜3章〜【「いい」と思った本があれば、とにかくいろいろな方法でアウトプットしてみましょう】

アウトプットの基本は 本の感想に終始せず、自分なりの意見を加えること。
仮に読んだ本が小説であってもアウトプットを意識すれば「仕事に役立つヒント」に繋げることもできる。

〜4章〜【できる人はタカの目で見た後にアリの目で見る】

「タカの目」とは高い所から全体を把握すること
「アリの目」とは上からは見えない細かい点を見ること
つまり以下のステップが効率がいい方法
①簡単な本で全体の大まかな仕組みを理解する(タカの目)
②専門的な本を読む(アリの目)

〜5章〜【たった一冊の本に人生を変える力がある】

著者にとっての読書は最強のメンターであり、人生までも変えてきた。人生で壁にぶちあたったときにはいつも本を開き、勇気をもらった。
今まで読書でそういう体験をしていないのなら、それはまだ人生を変える本に出会っていないだけである

終わりに ー感想ー

私はこの本を読み終わった同時に、インスタで読者用アカウントを作成し書評の投稿を始めました。(インスタのアカウントはこちらです→https://www.instagram.com/consult_book

実際、書評を始めるにあたって過去に読んだ本を振り返ってみたのですが、正直内容が頭に残っているものはほとんどなかったです。笑

「あーこの本よかったな。でも何書いてたっけかなー」という状態でした。

書評を始めるようになってからは以前より格段に本の内容が自分の中に定着するようになったと思います。

みなさんも読書のアウトプットを始めてみてはいかがでしょうか。

読書は「アウトプット」が99%: その1冊にもっと「付加価値」をつける読み方 (知的生きかた文庫)

新品価格
¥617から
(2019/6/1 06:29時点)

P.S

多読家の方は紙媒体の本より、電子書籍(kindleなど)がオススメです。

私も一年前まではやたらと紙媒体の本にこだわっていましたが、いまや8割電子書籍で本を購入しています。

電子書籍kindleの良さはこちらの記事にもしていますので、興味のある方はぜひ読んでみてください!

-おすすめの本

Copyright© 外資系コンサルタントの社畜記 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.