ブログ運営

30ブログを調査!アドセンス「サイトの停止または利用不可」を解消する5つの方法【2019年最新版】

更新日:

【この記事でわかること】

●16回アドセンスに落ちた当ブログが「サイトの停止または利用不可」を解消した過程

●30のブログを調査してわかった「サイトの停止または利用不可」に陥ってしまう5つの原因とその解消法

Googleアドセンスの不合格通知_サイトの停止または利用不可

どうも、Googleアドセンスに16回落選し続けたいくおくです。

「サイトの停止または利用不可」

「価値の低い広告枠(コンテンツが複製されているサイト)」

いまこのページにアクセスされている方はこのどちらかに頭を悩ませているのではないでしょうか?

アドセンス不合格理由の2大巨塔ですよね。

僕自身この2つの文言に死ぬほど苦しめられました。もうトラウマレベルです。

今回は「サイトの停止または利用不可」でアドセンス不合格になってしまう人向けに、「サイトの停止または利用不可」に陥ってしまう理由とその解消法を徹底解説します。

*「価値の低い広告枠(コンテンツが複製されているサイト)」の解消法についてはこちらで記事にしています。
www.consult-career1.com

僕自身の16回の不合格経験と30人のブロガーの方々の合格体験記からわかった全てをこの記事にまとめています。

「サイトの停止または利用不可」に苦しんでいる方は是非参考にしてください!

当ブログが「サイトの停止または利用不可」を解消した過程

申請時の状況

僕が2ヶ月半間でアドセンス審査に落とされた回数は16回。

そのうち7回の不合格理由が「サイトの停止または利用不可」 によるものでした。

Googleアドセンスの不合格通知_サイトの停止または利用不可

「停止・利用不可ってどゆこと?!普通にアクセスできるんですけど!!!さっさとサイトの中身を早くみてくれやああ」

そう悲鳴をあげ続けながら申請・不合格を繰り返していました・・

下の表は審査申請・合否通知・不合格理由をまとめたものになります。

申請から結果通知までのスピード感もわかると思うので、参考にしてみてください。

原因①が「サイトの停止または利用不可」、原因②が“価値の低い広告枠(コンテンツが複製されているサイト)”です。

# 申請 合否 原因
1回目 5/6 5/9
2回目 5/9 5/10
3回目 5/10 5/12
4回目 5/12 5/23
5回目 5/23 5/25
6回目 5/25 6/3
7回目 6/3 6/5
8回目 6/5 6/6
9回目 6/6 6/11
10回目 6/11 6/12
11回目 6/12 6/13
12回目 6/13 6/18
14回目 6/18 6/19
15回目 6/19 6/22
16回目 6/22 6/25
17回目 6/25 7/5 合格

この7回の不合格の中で他のブロガーさんたちの中で必要では? と言われているものは全て対策をしました。

申請時の状況としてはこんな感じです。

運営期間:約1か月
記事数:約30
記事内容:複数回のリライト、YMYLは避ける
文字数:1記事約2500文字~3500文字
カテゴリー:3(1カテゴリ5記事以上)
更新頻度:毎日
アクセス数:累計5,000超
広告:なし
画像:いらすとやのみ
アイキャッチ画像:すべて設定
お問い合わせフォーム:サイドバーに設置
プライバシーポリシー:サイドバーに設置
プロフィール:サイドバーに設置
サイトマップ:Search Consoleに送信
URL:リダイレクト設定済み
Amazonアソシエイト:合格済

これでも僕は「サイトの停止または利用不可」を抜け出すことはできませんでした。

*今振り返るとこの中には対策する必要がなかったものがいくつも含まれてました。

ネット上の間違った情報を鵜呑みにしすぎてていましたね。。。

この件については詳しくは次章で解説します。

 

当ブログが「サイトの停止または利用不可」を解消できなかった決定的原因

それは「はてなブログからはてなブログProへの移行ミス」でした。

さらに具体的に言うと、移行時にGoogle consoleでのアドレス変更リクエストが完了していなかったことが原因でした。

他のブロガーさんでこの理由で不合格になっている人がおらず、完全に盲点でした。。。

まさかスタートの時点で失敗していたとは泣

僕と同じ原因で不合格になってしまっている方もいるかもしれませんので、もう少し詳しく説明しておきます。

*関係のない方は次章まで飛ばしちゃってください!

アドセンスの審査を受ける際には独自ドメインを取得する必要があります。

無料版はてなブログを利用している方は、有料版のはてなブログProを契約してドメイン移行を行ったはずです。

その際に旧Google Search Consoleにてhttps://www.○○○.hatenablog.jpからhttps://www.○○○.co.jpへとアドレス変更をしましたよね。

この時のアドレス変更の作業が最後まできていなかったんです。

できていなかった状態がこちらです↓

はてなブログからはてなブログProへの移行

STEP3にチェックがついておらず、リクエストの送信までいけていませんよね。。

「アドレス変更のリクエストが送信できていない」→「新ドメイン( https://www.consult-career1.com )がインデックス登録されない」→「サイトの停止または利用不可」

というわけでした・・・

新ドメインにアクセス自体はすることはできていたので、アドレス変更は完了しているものだと思い込んでしまっていました。

まあこれが解消した次はさらなる強敵「価値の低い広告枠(コンテンツが複製されているサイト)」が待っていたんですけどね・・・

ただ、きちんとブログが作れている人は「サイトの停止または利用不可」を突破すれば合格!なんてことも全然ありますよ!

Googleアドセンスの不合格通知_サイトの停止または利用不可

*「価値の低い広告枠(コンテンツが複製されているサイト)」の解消法についてはこちらで記事にしています。

www.consult-career1.com

 

30のブログを調査してわかった「サイトの停止または利用不可」に陥ってしまう5つの原因とその解消法

「サイトの停止または利用不可」のせいで合格できなかった当時、僕はネットでその原因を調べに調べまくっていました。

調べていて強く感じたのが、アドセンスの合格法を事実に基づいて網羅的に述べられている記事が中々ないということです。

(皆さん悪意はないと思いますが、)事実と推測が混同してしまっている記事が多々見られます。

そこでアドセンスに合格できた今、もう一度実際に30人のブロガーの方々の合格体験談を拝見しなおし、「サイトの停止または利用不可」の決定打となった原因のみを抽出しました。

そして、その集計した結果がこちらです。

原因は大きく5つあることが分かりました。

【円グラフ形式】 アドセンス不合格原因の割合_円グラフ

【表形式】

原因 ブログ数
リダイレクトの設定漏れ 16
サイトマップが未作成 6
インデックスが登録されていない 4
申請時のURL記入ミス 3
ドメインの移行ミス 1

この5つが30人のブロガーの方々が抱えていた不合格原因のすべてです。

今あなたが「サイトの停止または利用不可」で合格できず苦しんでいるのではあれば、まずこの5つの観点を満たせているかを確認しなおしてみてください。

参考にさせていただいたブログの一覧はこちらです↓

アドセンス_30人のブロガーの合格体験談まとめ

30のアドセンス合格体験談からわかること 誤った情報に騙されるな

上記の調査結果から「サイトの停止または利用不可」の原因は5つのパターンがあることがわかりました。

そして、この5つのパターンには全て、”サイトになにかしらの設定ミスがある”という共通点があることがわかります。

このことから「サイトの停止または利用不可」を解消するという観点においては、記事の数やコンテンツ内容は関係ないと言えます。

よく文字数は何文字以上やら、広告は貼らないほうがいいやらと言われていますが、それは誤った情報でただの憶測です。

事実ではない合格条件に惑わされて無駄な労力をかけるのはもうやめましょう(僕みたいに汗)

というわけで、ここからはこの調査からわかった5つの不合格原因について詳しくみていきましょう。

事象と解消法を一つずつ紹介していきます。

調査した結果、件数が多かった順に紹介しているので、上から順にチェックしていくことをおすすめします。

アドセンス不合格原因の割合_円グラフ

 

不合格原因第1位⇒リダイレクトの設定漏れ

【事象】

アドセンスはwwwありの形式(https://www.○○○.com)で申請することができず、強制的にhttp://.○○○.com形式で申請することとなる

⇒審査はそのままhttp://.○○○.comで行われるので「そんなサイト存在しませんよ。ダメ」となる

【解消法】

お名前ドットコムの転送機能を使ってリダイレクト設定をする

http://.○○○.comにアクセスすると自動的にhttps://www.○○○.comに転送されるように設定するということです。

【参考にすべきブログの記事】

www.fullhoikutoninkatu.com

リダイレクトの設定漏れは最多の16ブログで記事にされていましたが、こちらの記事が一番わかりやすかったです。リダイレクトの設定は2019年7月から有料化されてしまうのですが、それに関してもきちんと言及されています。

不合格原因第2位⇒サイトマップが未作成

【事象】

ブログサイトがGoogleのクローラー(サイト巡回係のこと)に認識されておらず、サイト自体が存在しないと判断されてしまう

*サイトマップとはブログの地図のようなもので、これをGoogle大先生に教えておいてあげないとブログの存在すら無視されてしまうんです。

【解消法】

Google Search Consoleにてサイトマップを送信する

【参考にすべきブログの記事】

①はてなブログ向け↓

www.hinakawa-nene.com

②WordPress向け↓

blog-tip.com

基本的にはこの①②のどちらかでsitemap.xmlを送信できればOKなのですが、

それだけではGoogleが巡回してくれないという記事もありました。

どうしても受からない人はこちらも試してみましょう。↓

stressfree-fulfilling-solo.hatenablog.com

不合格原因第3位⇒インデックスが登録されていない

【事象】

記事がGoogleのクローラー(サイト巡回係のこと)に認識されておらず、サイトに記事がないと判断されてしまう

*第2位の「サイトマップが未作成」と事象の考え方は同じです。ブログサイトをGoogleに認識させないといけないのと同様に、記事も認識させないといけないということです。

【解消法】

Google Search ConsoleのURL検査から執筆した記事すべてのインデックス登録を行う

【参考にすべきブログの記事】

upd.world

この記事にも書かれていますが、インデックス登録はアドセンス合格後も必ず続けましょう。Googleに記事の存在を知ってもらわなければ検索流入がありませんからね。

不合格原因第4位⇒申請時のURL記入ミス

【事象】

アドセンスの申請フォームで誤ったURLを記入してしまい、サイトが正しく審査されない

例1.URLの末尾に"/(スラッシュ)"が抜けている

例2.httpとhttpsを間違えている

【解消法】

https://www. ○○○.com/”の形式になっていることを最終確認したうえで申請するようにする

【参考にすべきブログの記事】

例1

www.liveasyoulikeintokyo.com

例2

www.gyudon4625.com

当たり前ですが、URLは一文字違うだけで別のサイト扱いされてしまいます。

自分を疑ってきちんと確認するようにしておきましょう。

 不合格原因第5位⇒ドメインの移行ミス

【事象】

ドメイン移行後、移行先のドメインがGoogleに正しく認識されておらず、サイト自体が存在しないと判断されてしまう

【解消法】

はてなブログからはてなブログProへの移行作業を見直す

*WordPressに移行した場合も同様

【参考にすべきブログの記事】

本記事

前章で私が陥ったアドレス変更が完了していなかった事象です。

これが原因となる可能性がある方は、上の文章をもう一度確認してみてください。

********************

以上になります。

もしこの5つ以外で他に原因があった方がいらしたらぜひ教えてください。

記事に追記する共に、解消方法についての記事がありましたらここに掲載させていただきます!

 

終わりに

ブログ初心者の最初の壁がこのアドセンス審査ですよね。

特に「サイトの停止または利用不可」による不合格はブログの中身すら審査してもらえていない状況なので、モチベーションも下がってしまうと思います。

しかし、今回説明した5つのパターンを一つずつ解消していけば必ず解消できるはずです。

焦らず一つずつ問題を解決していってください。

-ブログ運営

Copyright© 外資系コンサルタントの社畜記 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.